「このホームページは新潟県職員生活協同組合の組合員専用です。組合員以外の方はご利用になれません。ご了承お願い致します。」

上手に使って、豊かな暮らしを。新潟県職員生活協同組合

保険のご案内

生協では、グループ保険制度のほかに各種生命保険・損害保険を取り扱っております。組合員の皆様のライフプランに合わせて、ご利用いただけます。

取扱い保険について

【生命保険】

グループ保険制度
・グループ保険 ※ライフプランシミュレーションサービスが受けられます。
・健康づくりサポート NEW
・長期サポート75
・医療給付制度(基本部分)
・重病給付制度
県生協 新医療保障保険
・89歳まで、入院(初日から)・手術を保障します。(詳細はパンフレット参照)
・セカンドオピニオンサービスなどが無料で利用できます。
・随時加入を受け付けています。
ゆうゆう年金
生命保険会社の団体扱
・日本生命
・アクサ生命
・第一生命
・アフラック
・明治安田生命
・富国生命
・朝日生命
・三井生命
・住友生命
・ジブラルタ生命
かんぽ生命保険
・旧機構簡易保険
・新かんぽ(平成19年10月以降契約)

【損害保険】

グループ保険制度
・医療給付制度(給付拡大部分)
・リビングリスク
・バレリーナ
・傷害保険
・Runner(ランナー)
団体契約
・レジャー保険
・学生総合補償保険
・団体普通
・交通事故傷害保険
・団体総合生活保険(団体がん保険)
・看護職賠償責任保険
損害保険会社の団体扱・集団扱
・自動車保険
・火災保険 etc

主な保険年間募集スケジュール

【損害保険】

募集月 保険始期 保険制度名 保険料控除開始月
4月 5月1日 団体普通・交通事故傷害保険 7月給与(1/12回目)
5月〜8月 1月1日
8月1日(中途加入可)
※中途加入については今後変更となる場合があります。
グループ保険制度 1月給与(1/12回目)
(ボーナス保険料は、 
6月と12月の2回)
※中途加入は
8月(1/5回目)
6月〜7月 9月1日 ゆうゆう年金 9月給与(1/12回目)
(ボーナス保険料は、 
6月と12月の2回)
8月 9月1日 レジャー保険 11月給与(一時払)
10月〜11月(推進月間) 随時 アフラック各種保険 第2回目保険料月
1月 3月25日 団体総合生活保険
(団体がん保険)
5月給与(1/12回目)
2月 3月25日 学生総合補償保険 5月給与(1/12回目)
3月31日 看護職賠償責任保険 5月給与(一時払)
3月(随時OK) 6月1日 一時払普通傷害保険 一時払
  1月1日
(グループ保険満了時)
一時払終身保険 一時払
リレー定期 新年払
または全期前納

グループ保険制度
【Point 1】
新潟県職員生活協同組合(以下県生協)組合員※だけの助け合いの制度です。県生協の福利厚生制度だからこそ、お手頃な保険料で加入できます。
※組合員とは、各保険制度により、加入資格が異なりますので、詳細はお問い合わせください。
【Point 2】
グループ保険は、1年ごとに収支計算を行い、剰余金が生じた場合は、配当金として還付されますので、実質保険料は軽減されます。
※配当率は、お支払時期の前年度決算により決定しますので、将来お支払いする配当金額は現時点では確定していません。
※医療給付制度(給付拡大部分)、リビングリスク、バレリーナ、傷害保険、Runner(ランナー)、長期サポート75、重病給付制度には配当金はありません。
【Point 3】
万一(死亡)の場合の公的遺族年金の補完事業です。
加入組合員がお亡くなりになられた場合は、公的遺族年金が給付されますが、それだけでは、現在の生活水準を維持することが困難です。不足部分を補完するのが『グループ保険』です。

グループ保険退職後プラン
【Point 1】
グループ保険の脱退日直前まで2年以上継続してご加入されている方は、@『リレー定期』A『一時払終身保険』B『一時払普通傷害保険』にご加入できます。
【Point 2】
@リレー定期⇒80歳満期の定期保険(死亡・高度障害)
A一時払終身保険⇒終身保険(死亡・高度障害)
B一時払普通傷害保険⇒保険期間10年間の傷害保険
※ただし上記Bについては2年以上契約条件はありません。(随時加入可能)

ゆうゆう年金
【Point 1】
新潟県職員生活協同組合(以下県生協)組合員※だけの自助努力の年金制度です。
※組合員とは、各保険制度により、加入資格が異なりますので、詳細はお問い合わせください。
【Point 2】
在職中に退職後の生活資金の準備を行うことができる制度です。退職後に積立金を原資に年金をお支払いし、ゆとりある退職後生活をバックアップします。年金は積立金額に応じて、退職後の生活設計にあわせて、複数の年金種類の中から自由に選択できます。
【Point 3】
保険料は個人年金保険料控除または、一般生命保険料控除の対象となります。

生命保険
【Point 1】
新潟県職員生活協同組合(以下県生協)組合員※だけの団体扱(給与控除)です。
※組合員とは、各保険制度により、加入資格が異なりますので、詳細はお問い合わせください。
【Point 2】
団体扱取扱生命保険会社
日本生命・アクサ生命・第一生命・明治安田生命・富国生命・朝日生命・ジブラルタ生命・三井生命・住友生命・アフラック ※団体扱のお申込み、保険契約、解約、保険金請求等は上記の各保険会社へお申し出ください。 ※アフラックの「がん保険」等は年に1度の加入促進募集を行っています。加入のお申込み、保険契約、解約、保険金請求等はアフラックの代理店(県生協提携)へお申し出ください。
【Point 3】
便利な団体扱契約です。

損害保険
【Point 1】
新潟県職員生活協同組合(以下県生協)組合員※だけの団体扱(給与控除)・退職者団体扱(口座振替)・集団扱(所属給与控除)です。 ※組合員とは、各保険制度により、加入資格が異なりますので、詳細はお問い合わせください。
【Point 2】
団体扱取扱損害保険会社
東京海上日動火災保険(株)・三井住友海上火災保険(株)・損害保険ジャパン日本興亜(株)・あいおいニッセイ同和損害保険(株)を取り扱っております。
※団体扱・退職者団体扱・集団扱(自動車保険と火災保険のみ)のお申込み、保険契約、解約、保険金請求等は、上記の各保険会社の代理店へお申し出ください。
※自動車保険・火災保険および各種団体契約保険等については、県生協代理店へお問い合わせください。
※対象となる方の範囲(契約者・(記名)被保険者・車両所有者)、団体扱・集団扱特約の失効時の取扱いは県生協代理店にお問い合わせください。
【Point 3】
契約方法は、便利な団体扱・集団扱(出向職員等)契約です。自動車保険と火災保険については、退職者団体扱があります。
※退職者団体扱の取扱いは、東京海上日動・三井住友海上・損保ジャパン日本興亜の3社です。詳細につきましては、県生協代理店へお問合せください。

かんぽ生命保険
【Point 1】
県職員でかつ新潟県職員生活協同組合(以下県生協)組合員だけの団体扱(給与控除)です。
【Point 2】
@平成19年9月以前の機構時代の旧簡易保険
A平成19年10月以降のかんぽ生命保険会社
と2種類あります。
【Point 3】
便利な団体扱契約です。但し、県から給与支給のない期間はご利用できません。

団体契約損害保険
【Point 1】
新潟県職員生活協同組合(以下県生協)組合員※だけの団体契約保険(給与控除)です。
※組合員とは、各保険制度により、加入資格が異なりますので、詳細はお問い合わせください。
【Point 2】
団体契約損害保険制度
@団体普通・交通事故傷害保険
Aレジャー保険
B団体総合生活保険(団体がん保険)
C学生総合補償保険
D看護職賠償責任保険
※団体契約のお申込み、保険契約、解約、保険金請求等は県生協代理店へお申し出ください。
【Point 3】
便利な団体契約です。


当生協ホームページに掲載している内容は平成28年度の制度内容(平成27年8月1日時点)と
なっております。ご加入に際しては、最新のパンフレットをご参照願います。


TOP